blog

「れんりの子」保育園内覧会が開催されました

日々
2021.04.13

浜松市都田町の保育園「れんりの子」の内覧会が、4月10日開催されました。
0歳児さんから5歳児さんまで、定員は合わせて60名。
広々とした農園に囲まれ、子どもたちはたくさんの自然と触れあいながら遊ぶ事ができます。
園関係者や近隣の皆様、議員の方々、大学関係者など多くのお客様にお越しいただき、賑やかで楽しい一日となりました。

木をふんだんに取り入れた保育室は、天井が高くて風通しも良い、太陽の光とぬくもりに溢れた空間です。
「風が通って、とっても気持ちがいい。これは冷房要らずだね」
と、見学に来られた方も気持ちよさそうに深呼吸。
南側の園庭に続くデッキでは、さっそく子どもたちが出たり入ったり、走ったり滑ったりと、楽しそうにはしゃいでいました。

三次元に形成された屋根も、この保育園のシンボルです。
南に向かってぐっと高く伸びあがっていて、屋内の天井面は、この三次元の屋根に沿って形成されています。
屋根がすごいですねと、大学関係者の方々も興味津々のようでしたので、屋根の構造について少しお話しをさせて頂きました。

エントランスでは梁の上に仕込んだ照明の効果で、廊下の白い壁と天井に木材がくっきり浮かび上がり、浮遊感が生まれています。
子どもたちも思わず天井を見上げていました。

当日は気持ちの良い快晴で、お子様と一緒に来園された方も多く、みんなお昼寝スペースに上がってみたり廊下を走ってみたりと、楽しそうに見学されていました。
特に床下空間を利用したキッズスペースや工作室には、子どもたちだけでなく、大人の方々も「いいなぁ!これ楽しいなぁ!」と歓声を上げていました。

これからこの保育園でのびのびと過ごす子どもたちの笑顔を見るのが、私たちも楽しみです。

ほかのBlogを読む